なんて繊細な美しさ!修復工事が終わったばかりのワット・アルンに行きました ~バンコク旅行記 その7~

2017/12/31~2018/1/4、タイのバンコクに一人旅してきました!その時の旅の模様を、少しずつブログで紹介しています。今回は、修復工事が終わり、公開になったばかりのワット・アルンにひとりで行ってきた時のレポートです。

========================================================

三日目となり、そろそろちゃんと観光もしといた方が良いかしら?なんて思い始め、「そうだ、久しぶりに王宮を見に行こう!」と思い立ちました。初めてバンコクを訪れた20年ほど前に、ツアーで王宮を周った記憶はあるのですが、おぼろげで、ちゃんと覚えていないので。(^^; 行き方は、Kindleに入れてあった「るるぶバンコク」の最新版を見てチェック。Kindle Unlimitedに登録してあれば、るるぶシリーズは無料で手に入るので便利ですね。



まずは、ホテルから通路で繋がっている「アソーク駅」へ。2016年の旅行で何度か利用したので戸惑う事はなかったです。自動販売機もありますが、乗り換えがあってわかりづらいので、有人窓口で切符を買いました。一回だけしか使えない切符もあれば、1日乗り放題切符なんかもあります。

MRTの駅ホーム。ちゃんと飛び込み防止柵も作ってあるし、きれいだし、立派なホームです。

アソーク駅ホーム

電車に乗ると、お正月で休日だからというのもあるでしょうが、かなり混んでます。座っているお客さん達が皆さんスマホをいじっている光景は、日本と同じです。一旦乗り換えて、目的地「Saphan Taksin駅」に到着。声が小さいし聞き取りにくいので、車内に貼ってある路線図とにらめっこしながら、乗り過ごさないよう注意するといいかも。

乗り換え駅

出口の案内を見ながら、チャオプラヤーエキスプレスの乗り場方向に歩いていきます。

船着場までの道

あ、ここが船着場みたいですね~、人がたくさんいます。(^-^)

船着場入り口

さて、どこに行けば王宮方面に行けるのかな?と捜していたら、船着場に入って左方向にズンズン進んだ突き当りにチケット売り場がありました。みんなそこに並んでいるので、私もとりあえず並ぶw 窓口のおばちゃんが「どこに行くんだい?」と聞いてきたので、地図に書いてある、「ワット・アルンまで!」と言ってみました。他にも王宮はありますが、ここから直接行けるのはワット・アルンだけみたい。(もしかしたら、他の場所や他の時間帯だと、別の王宮に行けるのかも) 確か、チケットは50バーツ。(約175円)



ちょうど船が停泊してるとこだったため、おばちゃんに「早く行きな~、あの船だから」とせかされて、乗り込みました。満員状態です!中では、乗員のおばちゃん達が「ほら、ここ空いてるよ!座りな!」と、入ってくるお客さんを順々に座らせています。私も、空いてた席に座りました。

乗船した時

それにしても、1月のバンコクはなんとも爽やかです!暑すぎず、ちょうどいい。(^-^)風も吹いていて、日焼け止めか何かなのかな、ココナツオイルみたいな香りが漂っていて、本当に心地よい空気の船内でした。

真ん中の座席だったので、ちょっとお客さんの頭部分が入ってしまいますが、船からの景色をいくつか。

船内からの景色1

船内からの景色2

船内からの景色3

20分くらいは乗っていたでしょうか、2つくらい別の船着場に寄ったあと、目的地のワット・アルンに到着です!さきほどのおばちゃん達が「ワット・アルンだよ~、次ワット・アルン」という感じで、船内で声を出してくれるので、わかりやすいかったです。(^-^)

到着すると、いきなり目の前に「ババ~ン」と美しい塔が現れます!すごい、来てよかった~!

ワット・アルン入り口の塔

左横にチケット売り場があるので、チケット買って入場です。いくらだったか覚えてないのですが、おそらく、50バーツ。



入り口を入ると、ぬおお、さらに迫る美しい建物。

ワットアルン2

入り口付近に鎮座しているゴールドの僧侶像に群がるお子様。これ、触っていいのかな?よくわからないです。

金の僧侶

金の仏像

こちらには、ゴールドの仏様。

ワットアルン3

こちらの塔は色もきれいでした。

ワットアルン4

逆光で光り輝いて見える。美しいなぁ。

ワットアルン5

アップにしてみました。こんなに細かくてきれいな細工なのです。

ワットアルン6

良く見ていただくとわかりますが、昇っている方もいらっしゃいます。高所恐怖症気味で、急な階段が苦手な私は遠慮しました。(^^;

ワットアルン7

中に入っていくと、様々な建物がありますね~。

ワットアルン8

青空に白っぽい塔の美しさが際立ちます。

ワットアルン9

ワットアルン10

王宮内には欧米からの観光客もたくさんいました。

噴水

真ん中にドラゴンがいる噴水。

鈴

大量にぶらさがっている鈴。シャラシャラと鳴っています。

ワットアルン11

ワットアルン12

このあたりから「わ、私はどこをどう歩いているのだろう??」という感じになってきまして、訳もわからずに出口を模索しておりました。



ワットアルン13

ハヌマーン像

ハヌマーン像ですね。これを見ると、まだ幼かった頃、「ウルトラマンVSハヌマーン」というタイトルの映画か何かで、ウルトラマンと一緒にこのハヌマーン神が巨大化して、怪獣と闘うというすごいのを見て「え・・・かっこよくない・・・」と子供心に思ってしまった記憶が蘇ってきます・・・。あの頃は外国の文化(特に東南アジア)を受け入れる事がなかなか出来なかったなと。(^^;

このあと、ようやく対岸への渡り舟乗り場へとたどり着く事が出来まして(ほとんど勘w)、行列に並びました。乗船代は、なんとたったの4バーツですって!(約14円) コンビニでもらったお釣りの4バーツが役立ったわ!!

今度の船は単なる「渡り舟」なので、ベンチみたいな適当な長椅子です。しかもすごく揺れるw

船からのショットです。

渡り舟から1

渡り舟から2

渡り舟から3

10分弱で対岸の船着場へ。

この船着場、かなり歴史を感じる古臭いモノ。(^^; 壊れやしないかなと心配になってしまうような建物に、お土産屋さんや食べ物屋さんがギッシリ!「ココがバンコクで一番安い土産屋だよ~」とかおじさんが声かけしてますが、そんなわけないよねw これだけ観光客が来るとこでお金儲けしないはずがないっていう。(^^)

ふとチラ見した串焼きの屋台が美味しそうでした。

串焼き屋台

さて、ここからホテルに帰らないといけないわけですが、近くに公共交通施設が見当たらない。(T-T) だからといって、かなり暑くなってきた日差しの下、延々と歩くのは勘弁・・・。

Uber呼ぶか~と、アプリを立ち上げて呼んでみるものの、なぜか、暗くなってくるスマホ画面を明るく戻そうとタッチするだけでキャンセル扱いになってしまい、別の車をアプリが探し出してしまう。延々とそれの繰り返しなので、いつまで経ってもUberが呼べないし、キャンセル料金がかかる恐れも。

こりゃ、普通にタクシー捕まえた方が無難ね・・・こんな所(ワットポーの裏)から捕まえたら、ボッタクリに遭うの必至だけど。と思いながら、近くを通りかかったタクシーに「シェラトンホテルまでなんだけどいい?」と聞いてみる。「いくらかかる?」と聞いたところ「500だね。500バーツ。」とやっぱり~なボッタクリ価格。(^^; とはいっても、せいぜい1000円上乗せされた程度だし、暑い中、正当なタクシーを捜すのはなかなかツライ。えーい、ぼったくられてやるわ!と、乗り込みました。

無事、宿泊していたシェラトン・グランデ・スクンビットに到着。約束どおりの500バーツきっかりを払い(当たり前だけどそれ以上のチップは払わない)、極楽のホテル内へ~。は~、無事帰ってこれたよぉ!!



早速ロビー階の「ザ・リビングルーム」へ食事しに行きました。この時点で15時近かったので、めちゃめちゃお腹空いてたんですよ!昼間のザ・リビングルームはガラガラ。皆さん観光へ行かれてるのね。(^-^)

ザ・リビングルーム

分厚いメニューに一通り目を通します。

分厚いメニュー

ほ~、タイ料理の「バジル」や、朝食をいただいたイタリア料理の「ロッシーニズ」からも持ってきて頂く事が出来るんですねぇ!!プラチナ会員ならソフトドリンク無料ですし、ホテル内でランチするならここが一番便利ね。(^-^) でも、この時間(15時頃)は、他のレストランが休みに入っているため、こちらで作れる軽食しか頼めませんでした。ムム~。あと1時間早く戻れば良かった。

まずは、暑い中帰って来たので、水分補給~。オレンジジュース。

オレンジジュース

食事は、ハンバーガーにしてみました!中に挟めるチーズの種類が選べますよとのことなので、ブリーチーズに。アボカドもつけていただきました。

ハンバーガー

わぁ!かなり大きいし本格的。アツアツです。ポテトの量も多い!

なんと未開封の小さなケチャップ瓶とマスタード瓶がついてきたので、ケチャップの方を開け、中に塗ります。

ハンバーガー中

分厚いお肉の上には、たっぷりのチーズと玉葱。ケチャップ乗せたらさらに美味しそう!!いただきまーす! ん~~~これは美味しい!(*^^*) 大満足。

お値段はいくらだったかな?ちょっと現地価格忘れたんですが、2000円しなかった気がする。他にも、揚げ物(イカとかエビとか)や、ピザなんかがありました。日本のホテルレストランよりは安め。

その後、なんとなく居座って、こんなの注文。ココナッツジュース。

ココナッツジュース

これが来た時「な、なに?!」と思ってしまいましたが、ココナッツの実をくりぬいたものなんですよね。(^^; 中身も、まんまココナッツの汁でした!ちょっと青臭みがあるので、好き嫌い分かれます。私も、最初は良かったんですが、途中で飽きましたw 甘いし。

これを飲み終わったあとは、一旦部屋へ。。。

あ、その前に、夕飯を同じ階の「バジル」で食べてみたかったので、直接店頭に予約しに行きました。お姉さんが立ってますので、希望時間とお部屋番号を伝えます。お昼が遅かったため、20時スタートに。その時の話は、次回です!

つづく




コメントを残す