高級タイ料理を堪能!バンコク指折りのレストラン「バジル」 ~バンコク旅行記 その8~

2017/12/31~2018/1/4、タイのバンコクに一人旅してきました!その時の旅の模様を、少しずつブログで紹介しています。今回は、宿泊していたシェラトン・グランデ・スクンビット内にあるタイ料理レストラン「バジル」でのディナーレポートです。

========================================================

20時に予約した「バジル」でのディナー前に、18時~20時までやっているプラチナ会員向けのカクテルタイムを食前酒として堪能しておこうかなと、バジルと同じ階にある「ライブラリー」にやってきました。ここは、前にご紹介しました「ザ・リビングルーム」の奥にあるスペースです。本棚に囲まれたとても静かな落ち着いた空間で、家の中にいるように寛げます。(^-^)



まずは、ツイッターのフォロワーさんに教えていただいてた、「マンゴーダイキリ」を頼んでみました。

マンゴーダイキリ

爽やかでフルーティ。マンゴーの香りいっぱいで飲みやすいカクテルです。女性にオススメ。

次は何にしようかな?と考えて、ふと、私が大好きなTHE ALFEEの歌詞によく登場する有名なカクテル「ドライマティーニ」を頼んでみよう!と思い立ちました。メニューには見当たりませんが、さすが有名なカクテル、聞いたら「OK~!」とのこと。

ドライマティーニ

おおお~!凝ってる!プラスティックの串に刺さったオリーブまで入ってる。きれいですね!

一口飲んでみたら。。。わ~!キツイ!(笑) 初めて飲んだけど、これは初心者向けではないです。(^^; アルコール度数がめちゃ高い。でも、頼んじゃったものはしょうがないので、チビリチビリといただきながら、ツイッターしながら、なんとか飲みきりました。気付いたら20時前です。



早速バジルへと向かいまして、予約していた旨と名前を告げて、席に着くと、こんな歓迎が。

ウェルカムサイン

笹の葉っぱでしょか?名前が書かれていますね。(^-^)嬉しい。

では、メニューを見てみます。

メニュー

新年の祝日向け特別セットメニューです。アラカルトもありましたが、せっかくなのでこちらに。

左側が、イサーン地方のコース。1600バーツ。右側が、バンコクのコース。1800バーツです。トムヤムクンやグリーンカレーなど、割と定番のモノを食べてみたいと思ったので、右にしました。

「お水はいかがですか?ガス入り?ガスなし?」と聞かれたので、もちろん有料なのは理解してましたが、絶対お水が欲しくなるのわかってましたので「ガス入り下さい」と注文。

お水

ガス入りのお水の銘柄はサンペレグリーノ。イタリア産の、日本でもよく出されているものです。グラスに浮かんだライムがきれい。

この時点で、ようやく店内をしげしげと眺める余裕が出来ました。客席エリアはそれほど広くはなく、見渡すことが出来ます。オシャレをしている西洋人のご夫婦もいれば、かなりカジュアルなアジア人のグループもいます。お店の内装がオシャレで凝っているので、ある程度スマートな格好で訪れるのが礼儀かな~とは思いました。(笑) さすがに短パンサンダルはちょっと・・・。



さて、一品目です。アミューズとして出たのは、タイでよく出されるという前菜「ミアンカム」。

ミアンカム

真ん中にあります葉っぱ「バイチャップルー」に、3つのお皿に入っている具を好みで乗せ、クルクル巻いて、左下のお皿に入っているタレをつけて、パクっといきます。これ、事前に大好きなブロガーさんがレポートされていて、食べ方を紹介してくださっていたので、難なくいただくことが出来ましたが、突然出されたら戸惑いそう。(^^;;;

具は、乾燥ココナッツ、干しエビ、ピーナッツ、ライム、しょうが、唐辛子などです。親切なウェイトレスさんが「この赤いのは唐辛子だから、辛いのが苦手なら入れない方がいいと思います」と教えてくれました。(^-^)

葉っぱ自体には、大葉みたいなキツイ香りはありません。タレが甘くて独特な味わいで、とても美味しくいただきました!葉っぱは4枚入っていましたが、完食w

全部食べ終わったのを見計らって、次の前菜が来ました。

前菜

左側は見た目だけだとなんなのかわからないですが、中に、ホタテ貝柱がゴロっと一つ入っています。少しだけ炙った感じの。で、上に乗っかっているのは、チリソースを使ったグリーンマンゴーサラダ。マンゴーと言ってもまだ青いもので、シャキシャキしてます。これ、ソースが本当に絶妙!最高に美味しいですヨ。ほっぺが落ちる美味しさとはこの事だ!と、一人感激しながらモシャモシャほおばっていました。

右側は、見た目どおり揚げた海老なんですが、パスタを巻き巻きしてあります。凝った作り!手前の甘酸っぱいソースで食べるのですが、これもまた、なんとも言えず美味・・・。

いや~、前菜から素晴らしいものを出して下さいます、バジル。お次は、試してみたかったトムヤムクンです。

トムヤムクン

なんとも上品な器に入ったトムヤムクンです。いただいてみると、お味も上品。スっと良い香りがして、クセがありません。シーフードもたっぷり入っており、食べ応えもあります。さすが高級タイ料理店のトムヤムクンだなぁ~!満足満足。



そして、メインがこちらです。

メイン料理

うわ~!3品いっぺんに出てきた!すごいボリュームじゃないですか!(^o^;;;

野菜炒め

野菜を炒めたもの。見た目はすごくあっさりしてそうなんだけど、食べてみると「へぇ~!!」と言いたくなってしまうコク。野菜なのにしっかり味がついてるので、全然飽きない。

魚料理

魚料理は、シーバスのフライ、タマリンドソース。このね~、タマリンドソースってのが美味しくてタマリンド!じゃなくて、タマラン!です。(すいません・・・) お魚も、とても食べやすい白身魚で、骨もあまりなく、完食。

グリーンカレー

こちらも、楽しみにしていたグリーンカレーなんですが、食べてみて「おや?何かが足りない気がする・・・」という感じ。(^^; 日本で食べる大好きなグリーンカレーの味ではない。味に深みが足りないというかなんというか。中に入っている具(茄子とか筍とか)も、ちょっと私の好みとは違って硬めのものだったので、残念でした・・・。これだけが、減点対象。好みの問題かもしれないけど。

ライス

ライスは、三種類あり、好みでよそってくれますが、せっかくなので3ついただきました。

でも、このライス、なかなか持ってきてくれず。どうやらすっかり忘れられていたみたいで。(^^; メインを半分くらいいただいた時点でもまだ気付いてくれないので、お兄さんに「あのー、ライスはどうなってるんでしょうか?」と聞いたら「ハッ!!すみません!!」という感じで慌てて持って来た。もう少し早くせっつくんでした~。



すべて食べ終わると、もう満腹!!とりあえずお茶いただきます。

お茶

ライスを少々残してしまったからでしょうか、ウェイトレスさんが「あの~、デザートもありますが、どういたしますか?」と聞いてきた。「ええ、もちろんいただきます!」と私。デザートは別腹ですよー。(^o^)

メニューをいただき、大好きな「マンゴースティッキーライス(カオニャオマムアン)」を注文。

デザート

これ、日本ではあまり見ないですが、タイではとってもメジャーなデザート。カットされたマンゴーの横に、ココナッツミルクで炊かれた甘いもち米がついてくる。このもち米と、マンゴーを、一緒に食べるのです。(*^^*) 美味しいんですよコレが!!量もちょうどよくて、最高に美味しいマンゴースティッキーライスでした。デザートはこれ以外にもいろいろあり、メニューからわかりづらければ、デザート類が飾られたトロリーを見せてくれるので、そこから選べば大丈夫です。

いや~、それにしても、カレー以外は本当に満足!!従業員さんは皆さん感じ良いですし、ひとりきりでも特に恥ずかしさは感じなかったですよ。(他にもお一人様客いらっしゃいましたし)これからシェラトン・グランデ・スクンビットに宿泊される方、近くにいらっしゃる方で、オシャレにタイ料理食べたいなー、という方はぜひ。(^-^)

つづく

宿泊価格とクチコミを調べる↓

シェラトン・グランデ・スクンビット・ラグジュアリーコレクション




コメントを残す