楽しかった大阪旅行

昨日の朝からブログを書けていなかったので、

一気にご報告です。(*^^*)
飛行機で伊丹空港に着いて、バスにて市内へ。
着いたのは、13時頃でした。
なんとなく気になって、ヒルトンのエルメスへ。
「メゾン ドゥ カレ」を見せていただきましたが、
残っていた1枚が好みの色ではなかったため、
他の小物を購入。
そうしたら、「Jour d’Hermes」の試供品いただきました。(*^^*)
{39E497FF-BF87-4AAA-8B56-C597329A590A:01}

 

その後、駅構内にあるホテル、
グランヴィア大阪にチェックイン。
お腹が空いていたので、荷物を置いて、
すぐ隣の大丸のレストラン街に直行しました!
お好み焼き屋さんに入ろうと思ったものの、
混んでいてテーブルも小さかったため、
空いててテーブル広めの韓国料理屋さんへ。
ランチセットの、プルコギビビンバと冷麺を注文。
これが当たりで!大変美味でしたよー。
{A1FF1E93-9AAD-4C91-8D25-5A0AB466E90E:01}

 

{53785ACC-8B40-4ACA-B44F-7FBC11B0C9EE:01}

 

お腹を満たしたところで、ホテルへ戻り、
スマホを充電しながら、一休み。
その後、大阪城ホールへ直行しました。(^_^)
(ほんと観光しない人だな私)
もし買えるようなら、グッズ列に並ぼうかと思いましたが、
すんごい人だったので、あきらめました。
16時半には会場入り。
思っていたとおり、ステージ真横の最後方列。
悲しいほどの席でしたが、
始まってみたら、案外楽しかった!
メンバーが、結構こちらを気遣ってくれて。
セットリストもお祭り気分で最高でした!
MCとコントも、良く見えなかったけど、
声だけで笑えましたし。
オリバー君のマネをする坂崎さんは、
ちゃんとお猿さんに見えましたし。(^。^)
感動したのは、アンコール二回目。
あの、LAST STAGEの歌詞が大幅に変わっていた!!
「えっ?えっ?」とびっくりしながら、
必死に歌詞を聞きながら、涙が止まらない。。
その前のMCもカッコよかった!!
そして、オーラスの、AD1999!
みんなで歌ったこと、私は忘れない。
本当に最高のライブでした。
参加出来て、心から良かったと思えた。
ALFEEの席に良い悪いはない!と、身を持って体験しました。
感動の涙を流した後は、現地のお友達と合流。
ALFEEファンではなく、質屋さん仲間です。
同じく音楽が好きな彼女とは、話が合います。
お酒を飲みながら、音楽の話や仕事の話。
あっと言う間に夜中の1時を回ってました。
私は5時台の電車に乗らなきゃいけないので、
慌ててホテルに帰り、寝ました。(^◇^;)
(実質、寝たのは2時、起きたのが4時過ぎなので、2時間しか寝てない)
帰りは、阪急梅田駅まで歩きまして、
阪急宝塚線というのに乗りました。
車内にこんなポスターが。
{84E55A70-8CFD-4634-A97A-54F521CFD711:01}

 

宝塚って、ルパン三世なんてやるんですねー!
カッコいいー!
私が大阪にすんでたら、絶対見に行く!!
蛍池という駅でモノレールに乗り換え、空港へ。
420円で市内から空港まで行けるなんていいですね!
空港に着くのが早すぎて、
保安検査場にこんな看板が。(´・_・`)
{D6A3E876-6FF6-42B7-B66A-B27845CAF251:01}

 

しばらく待って、6時5分に一番で入り、
またもや、ANAラウンジへ直行。
食べ物はやはりおつまみスナックだけなので、
牛乳やらオレンジジュースやらいただいて、
のんびりまったりしました。(*^^*)
羽田空港に着いて、バスで帰ろうと思ったら、
次のバスまで1時間もある。(・_・;
しょうがないので、初めて京急で帰りました。
横浜経由で。。。
そんなわけで、ちょいとハードめスケジュールだったので、
疲れましたが、楽しかったです!
充実した1日
でしたー。(^○^)

 

3 Replies to “楽しかった大阪旅行”

  1. 覗きに来ました(。◕ ∀ ◕。)
    また訪問させていただきます(ノ≧ڡ≦)
    お互いに更新がんばりましょう~╰(*´︶`*)╯

  2. 初めまして、ニートです。ニートの知り合いはいらっしゃいますか?オーバーすぎる表現かもしれませんが、今まで見たブログの中で一番良かったです。風がだんだん冷たくなってきました。私のブログにも足を運んでくれると暖かくなりそうです。

  3. 以前から時々おじゃましているのですが、今日はコメントを残して帰ります^^いい記事を書かれますね。読んでいて引き込まれました。今日は、これで失礼します。もし、よければ私のところにもおじゃま下さい。

コメントを残す