ゴージャスな料理がズラリ! サンデー・ジャジー・ブランチを堪能しました

今回の旅の目的はまさにこれ。シェラトングランデスクンビットの毎週日曜日に開催されるという、盛大かつゴージャスな内容の3レストラン合同のビュッフェ、「サンデー・ジャジー・ブランチ」です。

サンデーはわかるけど、ジャジーって何よ?と思われるでしょうが、3レストランのうちの一つである「The Livingroom(ザ・リビングルーム)」にて、ジャズの生演奏が行われるのですよ。リビングルームの席を陣取ると、ビュッフェだけでなく、音楽も優雅に楽しめるんですね。

で、下調べをいろいろしていたら、ホテルの公式ページにある「オンラインショップ」というページで、このビュッフェの割引クーポンを販売してることに気付いちゃいました。3店舗あるうち、リビングルームが30%オフ。ロッシーニズも30%オフ。そして、バジルという、一番奥の店だけは、おそらく場所が場所だけにビュッフェを取りに行くのがいちいち面倒というのがあるのでしょう、なんと50%オフ、半額なんですヨ!



タイには、レストランが安く予約出来ちゃうアプリ「eatigo」というのがあり、このビュッフェもそれで予約可能なんですが、50%オフで参加するには、遅い時間しか選べません。(・・;) ビュッフェで遅い時間に行くと、人気のものはなくなってたりするだろうし、ゆっくりしにくい。

なので、とにかく安くお得に食べるなら、この公式サイトに出ているバジルのクーポンが一番いいと思われます。

もちろん、クーポン買うだけじゃ、席が埋まってしまう可能性あるので、バジルに予約のリクエストもしました。こちらも公式から可能です。

さて、いよいよおとずれたビュッフェ当日。ワクワクしながらエレベーターを降りると、そこにはスゴイ光景が。エレベーター前のホールは、料理を飾ったワゴンだらけ!埋まってます。廊下も全部ワゴンやテーブル。料理がズラリ。

ちょうどエレベーターホール真ん中に受付のテーブルがありましたので、「バジルで予約済みですー、これ、クーポン!」と渡しました。ちゃんと私の名前があり、係員さんが店まで連れてってくれまして、バジルのホール係とバトンタッチ。店の奥にある4人がけテーブルを勧められました。

一人参加なので「混んでて相席だったら嫌だわ」と危惧してたんですが、全然問題ナシ!ゆったりスペースで食事することができましたよ。( ^ω^ ) 他にもお一人様の女性居ましたし、心配する必要なかったです。

さて、早速お料理ワゴンの写真を載せていきますね。まずは、私が座っていた店、タイ料理店「バジル」のお料理。

左側は、大きなプリプリの海老が中心の、海鮮の辛い料理。右側は、鴨と思われるお肉を煮たもの。あまりに美味しくて、これだけは二回取りました。

左は、ひき肉と海老の煮たもの。真ん中と右は、カレーです。もちろんジャスミンライスもありますヨ!ただ、こちらのカレーは私の好みではないです。残念〜。

プリプリの海老コロッケ。かなり海老推しな感じですこのお店。(^_^)

すっぱからーいサラダと、春雨。

左は、鶏の胸肉を使っている辛い和え物。右は、見た事のない海藻?か何かの和え物。食べたけど、ちょっとわからなかった。

タイ料理部門はこんなもの。今度は店の外側をお見せしまーす。

中華料理エリアにやってきましたヨ。こちらはその場でワンタン麺を作ってくれるワゴン。出来上がりは↓こんな感じ。

味薄めかなーー?と思って、調味料コーナーにあったナンプラーを入れてみたら、ちょうどいい味になってた!

右は、かなり大きな海老マヨ。カリカリの仕上がり。私は柔らかいママの方が好きだわー。左はチャーシューみたいなもの。これ以外にも、フタがしてあったから撮影してないんですが、中華料理が四種類と、点心類がたくさん!ありました。ここだけで、普通の中華料理屋さんのビュッフェが可能なくらいの種類ある感じ。

突如現れた、天ぷらコーナー。他の日本食とは離れた位置になぜかある。海老天の数がすげー!!「あとで食べよう」と思っていながら、うっかり忘れた。( ; ; )

そして、この辺りのワゴンがかなりゴージャス!こちらは極太のハム??添えるお野菜が美しい。

こ、この、やたらとデカイ魚はなんでしょうか?タイの川で採れるやつなのか?

こちら、ローストビーフざんす。いただきましたが、かなりガンガン盛られちゃって、これだけでかなりお腹満たされてしまい…。( ̄▽ ̄;)

こっちは食べなかったけど、ベーコンみたいなものかな?

お次は、バジルの隣にあるレストラン、ロッシーニズが出している、イタリアーンな前菜の数々ですよ。見た目もカラフルだし、食べてもいちいち美味しい!

チーズ専門ワゴンにドーン!と置いてあった巨大なチーズ。葡萄が飾ってありますが、一緒に食べるものなのだろうか?

ロッシーニズも、その場で作るライブキッチンやってました。パスタ!お好みのパスタで、ミートソースやシーフードなどの具材を合わせて、作ってくれます。頼めば良かったな。

そして!地元タイ人が大好きという、怒涛の海鮮です。まずは生牡蠣!って、えーっ?こんな常夏のタイで大丈夫なのか?私は避けとこう。( ̄▽ ̄;)

見よ!!この、山のような蟹、海老、貝を!!ここは竜宮城かなにかですか?手前のなんて、タラバじゃないの? もちろん、1時間後にはかなりなくなって、淋しい状態でしたw 食べるなら絶対先にね!!

あら?ここは寿司屋さんですか?手前の鳥のフンみたいなのは、もしかしてワサビか?

おおおお!!見事なSUSHIじゃないですか!きれいに握ってあります。小ぶりで上品な握りですよー。(^o^)

数種類いただきましたが、シャリの味や硬さも悪くないし、ネタもまあまあ。イケますよ。

タイで大人気の、サーモンなどのマリネ。これも食べ損ねたよ!好きなのにー。( ; ; )

小さなパンケーキと一緒に置いてあった、魚卵類。あの、もしかして、手前の黒いのってキャビア??なんちゃってかしら。イクラもあるね。

サラダも種類多いです!新鮮な葉野菜がたくさん。ベジタリアンな方、健康志向の方も安心な品揃え。

フルーツ!お花のように飾ってあって、とても美しいです。(*^_^*)

そして、こちらはナント、中東料理!やはり野菜が中心ですね。

うーむ、食感も味もまったく想像がつかない。もし口に合わないと困るので、試せませんでした。(・・;)

ここからは、インド料理です!かなり本格的に見える。

もちろん、カレーもありますよ。

お料理類は、これで全部。あとは、奥にフリーで飲めるジュースがありました。写真撮ってないですが、スイカジュースやパパイヤジュースも飲み放題。(*^_^*)

そこにいたお姉ちゃん(前日にお会いしてた店員さん)に、「ここのジュースは飲み放題よね?」と念のため聞いたら、「違うわよ!」と止められてしまった。「このジュースは、ビュッフェ客のもの。ビュッフェの料金払わないとダメよ」と言われましたw

「やだー、私ビュッフェ客だよー!」と笑いながら言ったら「え?そうなの?どこに座ってるの?」と聞かれたので「奥のバジルに座ってる」と答えると「えー、バジル?うち(リビングルーム)に予約いれてよーん」と苦笑されたので、「だって、あっちの方が安いんだもん」と反論。「あ!そっか!クーポン券買ったのね!たしかに、あれなら50%引きだよねー!それはしょうがないわw」と納得された。( ̄▽ ̄;) あ、もちろんタイ語は話せませんので、英語でのやり取りです。

話が逸れましたが、このジュースがとにかく美味しい!三杯も飲んじゃいましたよ。フリーでアルコールを飲める有料プランもありますが、昼間だし、ジュースで充分。(^_^)

お料理を食べて満腹になった頃、フラフラっとリビングルームの方まで行ったら、なんと、見えないような場所にデザートがたくさんあるワゴンを見つけた!

マロンパイみたいなケーキ。カスタードクリームをかけて食べる。美味しい!

一見、ピザみたいに見えますが、フルーツがいろいろのってるタルトみたいなもの。

チョコレートフォンデュー!

フォンデュの材料いろいろ。

パンナコッタにティラミスー!

ものすごい種類のスイーツ。

まだある!

タイのお菓子も。(^o^) マンゴースティッキーライスも自分で盛れる。

ジェラートも!こんなにいろんな種類があるんですよ。(^o^) 私は珍しい「タイ茶」のジェラートを食べました。

デザート食べてたら、スタッフさんが「コーヒーお入れしますよー」と。食後の温かい飲み物は、セルフではなく、作ってくれるみたい。エスプレッソのダブルにしました!

これを飲み終わったのが、1時間半経過した頃。ビュッフェって、一人きりで、話す相手がいない状況で食べ続けると、これくらいが限界ですねー。もう少し居られるかなと思ってたけど、胃袋は限界でした。( ̄▽ ̄;)

とにかく、食いしん坊さんなら一人でも楽しめるし、複数で行けばより楽しめる感じ。好きなものが必ず何かある!そんな、豪勢なビュッフェでした。(*^_^*)

日曜日に、バンコクのアソーク近辺にいらっしゃる予定がある方は是非!

 

宿泊価格とクチコミを調べる↓

シェラトン・グランデ・スクンビット・ラグジュアリーコレクション

コメントを残す