イタリアの鉄道で

フランスとイタリアを鉄道で旅行していた時のことです。

 

フィレンツェからローマへと移動する予定だった私達。

 

いつものように、電車は遅れておりました。(^^;;;

 

イタリアで電車が遅れるなんてのは、しょっちゅうなので、

 

まぁいいか~と、のんびり待っていました。

 

こういう時に気をつけなくちゃいけないのは、

 

最初予定していたホームとは違うホームに入ってくる事があるということ。

 

その時も、掲示を見ていたら、ホームが変わっておりました。

 

危ない危ない、と思いながら、到着した電車に乗り込み、

 

チケットに書いてある席に座りました。

 

ホッとして寛いでいると、そこへ、4人組のイタリア人おばさんが。

 

私達を見て、何かわめきだしました。

 

そして、その中の一人がイタリア語で「どけ!!」といっているようです。

 

はぁ?どういうこと?ここは私達の席よ!

 

そう思い、私達のチケットを見せてやりました。

 

すると彼女達、「このチケットはローマ行き。この電車はミラノ行きよ!」と言うのです。

 

(イタリア語でも、身振り手振りでそれくらいはわかりました)

 

え?!私達、まさか、逆方向の電車に乗ってしまったの?

 

冷や汗が出てきました。

 

すると、そこに、隣に座っていた紳士が声をかけてきました。

 

「ちょっとチケットを見せて」と・・・。

 

そして「こちらの方々の方が正しいよ。この電車はローマ行きですよ」と、

 

丁寧に教えてあげたのです。

 

今度は、おばさん達が真っ青に!!

 

私達に謝ることすらせずに「どうしよう?どうしよう?」という感じで、

 

別の車両に移ってしまいました。(^^;;;

 

あの時点で、すでに夕方。しかもあの電車は特急で、ローマまで止まらない。

 

おばさんたち、どうやってミラノまで帰ったのでしょうか??

 

逆の立場だったら・・・と思うと恐ろしいです。

 

というわけで、電車の行き先はちゃんと確認しましょう、

 

ホームが変わる場合も多いですよ~というお話でした。

 

コメントを残す