ルームサービスのお話

エルメス、ルイヴィトン、シャネルとグルグル回った二日目、

母は、すっかり気疲れしてしまったようで、

夕方18時頃帰ってきて、化粧も取らず、そのまま寝てしまいました。

私はその間にブログを更新したりしていたのですが、

20時を過ぎ、なんだかお腹が空いてきたのです。

どうしようかなぁ、母を置いて、カフェ・ド・パリにでも行こうかなぁ。

そんな事も考えたのですが、

母が起きて、私が居なかったらビックリするだろう、と思い、

「そうだ、ルームサービスを取ろう」と考えました

ルームサービスのメニューを見てみると、

昼間食べたバーのメニューより、ちょっとだけ安い。

「これなら、頼んでみてもいいかな~」と思い、

早速電話しました。

「ボンソワ~ル!ムッシュ~。

ベジタブルスープワン、グリルドサーロインステーキワン・・・」

寝ていた母は、私の電話の声で「ハッ」と起き、

私がこっそり注文しはじめた事にかなり驚いたようです。(笑)

あとから聞いた話ですが・・・。

「焼き加減は、ミディアムで~。飲み物は要らないです」といって、

電話を切りました。

30分経った頃、ルームサービスが到着しました。

黒いスーツの立派なボーイさんがテーブルごと運んできて、

中でテーブルを広げてくれます。

ん??なにやら、量が・・・多すぎる感じが・・・。

運ばれてきたものは、こんな感じでした。

片岡智子のブログ 「夢よ急げ」

スープ。

実際は壷のようなものに入っており、↑の3倍くらいありました!

片岡智子のブログ 「夢よ急げ」

サーロインステーキ。

と、とにかく分厚い!!そして大きい!!

片岡智子のブログ 「夢よ急げ」

ポテト。

これ、一人前じゃないでしょ、明らかに。

日本だったら、4人前くらい??

運ばれてきた料理を見て、私は注文を間違えられたんだと思いました。

「一人前って言ったつもりだったのに・・・」と。

でも、あとでお会計を見たら、これは一人前でした・・・。

起きて来た母に助けを求めたのは、言うまでもありません。

つづく

Paris -Monte-Carlo.h13874.Hotel-Information%3Fchkin%3D2017%252F6%252F24%26chkout%3D2017%252F6%252F25%26rm1%3Da2%26regionId%3D120%26hwrqCacheKey%3D1aa641df-af0d-4e28-9a32-4c37084cd478HWRQ1498277369891%26vip%3Dfalse%26c%3Dc523c9e3-abdf-42f2-8e1b-ada6a71d50ea%26%26eapid%3D0-28%26affcid%3Djp.network.valuecommerce.general_mylink." target="_blank" rel="nofollow noopener">オテル・ド・パリ(Expedia)

2 Replies to “ルームサービスのお話”

  1. ルームサービスって、映画なんかで見て一回やってみたいってあこがれます!!
    でもやっぱり食事の量がすごいですね???
    ポテトってアメリカンなイメージなので、きれいな食器にどっさり、、、、
    ちょっとびっくりしました。。。

  2. >ロンドさん
    こんにちは~!
    私も、高級ホテルのルームサービスを経験してみたくて、
    思いきって頼んでみました。(^o^)
    ポテトは、フランス(ホテルはモナコですが)の人、大好物みたいで、
    付け合わせにどっさり出てくる事が多いです。
    (このホテルはちょっと異常な多さですが)
    ステーキ&ポテト、といえば、フランス人の定番メニューなのです♪
    (日本で言う所のカレーライスやラーメンみたいなもの?)

コメントを残す