欧州旅行では スペイン おすすめ 5つの理由

もし「ヨーロッパのどこかに行くとしたらどこ行くといいかな?」と聞かれたら、私ならまっさきに「 スペイン おすすめ !」と答えるでしょう。

西欧は、イギリス、ドイツ、ベルギー、フランス、イタリア、ポルトガル、ギリシャなどに行ってますが、その中で1番好きなのがスペインです。

スペイン おすすめ

その理由は・・・

1.食べ物がとにかく美味しくて日本人の口に合う

2.物価が比較的安い

3.住民が明るくてコミュニケーションしやすい

4.ぼられることがほとんどない

5.風光明媚な町がたくさんある

こんな感じです。ひとつひとつ説明しますね。



 

【食べ物がとにかく美味しくて日本人の口に合う】

皆さんパエリヤは食べたことある方が多いと思いますが、本場のパエリアは美味しいです!!

日本と違って皿の大きさがデカイので、3、4人で食べるのがいい感じですが。

(バルセロナあたりだと、一人分サイズもあったりする)

パエリア スペイン おすすめ

それ以外のもの、タコの茹でたのとか、ちょっとした一口で食べられるピンチョスとか、魚のグリルとか、まぁ何を食べても美味しいですね。(^-^)

ガスパチョも、具が多くて食べ応えあります。

しかも、レストランによって当たりハズレが少ないです。(実際、まずい店に当った経験がない)

ただし、一皿の量が多いので、頼みすぎ注意です。(笑)

 

【物価が比較的安い】

ポルトガルほどではないですが、物価は安めです。

外食もあまり高くないし、ホテル代も良い立地の宿が安かったりします。

特に、アンダルシア地方などの地方都市は、長居しやすいと思います。

【住民が明るくてコミュニケーションしやすい】

地方によっても違うかもしれませんが、バルセロナやアンダルシアは、住民がめっちゃ明るいです。

泊まるホテルの場所がわからなくて、とあるバルに駆け込んだら、店員さんだけでなくお客さんまで寄ってきてくれて、「あそこらへんだよ」「いや、そっちだよ」と一生懸命教えてくれるんですね。

赤の他人の旅行者に優しい国って(しかもチップ出してないのに)、西欧では珍しいんではないかなと思います。



あと、英語がしゃべれない人が多いので、自国の言葉+ジェスチャーでお互いやりとりする感じになります。スペイン語できなくても全然大丈夫です。

有名なホテルやレストランでは、英語が十分通じますが、そうじゃなくても大丈夫。

まぁ、スマホの翻訳機能を使えばいいんですけどね。

 

【ぼられることがほとんどない】

イタリアでは、一日一回以上ボラれる可能性があるってくらいボラれますが、スペインでは、ボラれた経験が今のところはありません。

バルセロナあたりではあるのかな?でもあまり気にならなかったです。

むしろ、宿の人が「泥棒に気をつけて!斜めがけにするのよ!」など、親切で言ってくれたりします。

泥棒は居るらしいです。(マドリッドあたり)

 

【風光明媚な町がたくさんある】

これは、他の国もそうだとは思いますが、私はスペイン各地の風景がめちゃくちゃ好きです。

バルセロナにあるビーチ、バルセロネータ。

丘の上から見たトレドの街。

トレド

グラナダのアルハンブラ宮殿。

コルドバのメスキータ。

コルドバ

セビーリャのグラダルキビル川の夕焼け。(大聖堂やアルカサルも)

ミハスの白い町並み。

他にも行った事のない魅力的な町がたくさんあります。

 

【まとめ】

旅行会社のツアーで行くのが一番楽ではありますが、じっくり楽しむなら、自分達で日程を十分かけて周るのがオススメです。

セビーリャでのんびり観光用馬車に乗っていた時。

スペイン おすすめ

ツアーで来ていらっしゃるおば様たちに、

「いいわねぇ、私達の休憩30分しかないのよ、乗れないわ」と愚痴をこぼされました。

そんなわけで、日程を十分取れるようでしたら、スペインおすすめです。

(ついでにポルトガルに寄ってみるのもオススメ)

 

関連リンク

今までに食べた、その国の「美味しいもの」リスト(欧州編)

スペイン観光局



コメントを残す