ヴェネチアの某レストランのぼったくり方法

ヴェネチアは、観光都市であると同時にぼったくりも非常に多い所です。

今回は、実際にぼったくられそうになった時の話を書こうと思います。

 

海外旅行にだいぶ慣れてきた頃でした。

ヴェネチアでお昼を食べようと、リアルト橋が良く見える立地の良いレストランへ。

立地が良いから、世界中の観光客でいっぱいになっていました。

テラス席で、それはもう気分の良くなる場所でした。

 

ウェイターはとてもにこやかで感じもよく、

「食前酒はなんにします?」と聞くので、「キールで」というと、

「じゃあ、3杯ね」というので、ドキっとして、「は?」というと、

「彼と、あなたと、そして、僕の分!」と、ジョーク。

「アハハハ」と3人で笑いました。

 

ここまでは冗談で済んだのですが・・・。

 

メニューを持ってきて、「どれにいたします?」と聞いてきたので、

普通に「シーフードパスタを二つ」と言いました。

「お客様、残念ながら、パスタ類はきらしております。

こちらのお魚料理なんか、お安くて良いかと思いますが」と、魚料理を指さしました。

季節の魚のグリル、と書いてあったような気がします。

ん?確かに安いみたい・・・。

でも、魚の一品料理が、パスタより安いはずはないし、

隣の外国人、パスタ食べてるじゃない。

 

不思議に思ってメニューをよーく見ると、

100gにつき」という文字が、ちいさ~く書いてあるじゃないですか!

つまり、メニューの値段は、100g単位の値段であって、

実際はその何倍もするはずなのです!

 

そこに気付いた私、「私はこれを食べたくない。パスタが食べたい」ともう一度言いました。

そして「隣の人もパスタを食べているじゃないですか!」と・・・。

 

するとウェイター、「見抜かれたか」という顔で、

「わかりました・・・」と渋々退場。

 

その後、気になって周りのテーブルを見たところ、

うわ~~~、すっごい大きな魚料理が!あちこちに!!

あれ、1kgくらいあるんじゃないでしょうか?(@o@)

計算すると・・・1皿1万円くらい??

多分、日本人じゃ食べきれないでしょう・・・。

 

持ってこられた日本人客も、「え?え?」という顔をしてます。

(テーブルが遠かったので、忠告できなかった・・・)

 

そして・・・思っていた通りの出来事が。

とあるおばあさん(こちらは外人観光客)が、お会計の際に、

ウェイター一人に「なんだこの会計は!」と詰め寄ったようなのです。

 

すると驚いた事に、あちこちにいたウェイターが一斉に集まり、

おばあさんを取り囲んでしまった!!!(@o@)

おそらく「メニューにこう書いてあるだろう!」と押し通して、

お会計させたのだと思います。おそろしや・・・。

 

もちろん、人の良い気の小さな日本人観光客の皆さんは、

訳のわからないまま、とんでもないお会計をしてしまったでしょう・・・。

 

ちなみに、私達が頼んだシーフードパスタは、

おそらく地元イタリア客向けなのでしょう、

かなりレベルの高い、美味しいパスタでした。

お値段も、1500円くらいと、普通でした。

 

今回の教訓は、「○○gにつき」という言葉に気をつけましょう!です。

ウェイターに「安い」と勧められても、それを信じきってはいけません。

(お肉でもあると思います)

 

このようなぼったくりに会わないためには、過去記事↓を読んでみて下さい。

海外でこそ、Googleマップのクチコミを参考にしよう

入る前にチェックするだけで被害を防げるかと思います。(^-^)

One Reply to “ヴェネチアの某レストランのぼったくり方法”

コメントを残す