お酒解禁後に久しぶりの横浜ベイシェラトンへ

緊急事態宣言がようやく解除され、お酒が飲めるようになった昨今。 「近くのホテルにでも行ってみようかな」と思い、久々の横浜ベイシェラトンホテルに行ってきました。 直前の予約にもかかわらず、アップグレードしていただきありがと […]

エクスプレスチェックアウトってなあに?スムーズに帰るために

またまたホテル初心者向け記事です。

ホテルを出る時のチェックアウト、時間がかかると困る時ってありませんか?

早めに帰宅しなくちゃいけない時とか、ランチの予約時間が迫っている時など。フロントに並んでいると、時間がかかってしまいますよね。

そんな時に便利なのが、「エクスプレスチェックアウト」です。

まず、チェックインの時にエクスプレスチェックアウトが可能かどうかの確認をします。信用度の高いお客さんしかさせてもらえないためです。ホテル会員制度で高いレベルの人、過去にそのホテルに何度も泊まっている人などなど・・・。

心配なら、できるかどうかだけでも、チェックイン前に電話で聞いたりしても構いません。

エクスプレスチェックアウトのやり方は簡単。クレジットカードを登録しておいてもらうだけです。何かあった時(ホテル内で部屋付で食事をしたなど)は、そのカードに請求をされるだけ。簡単です。

その代わり、ホテルの請求通り支払う旨、承諾のサインをさせられます。

 

帰りにフロントに寄らずに済むというのは本当に気楽です。

カードキーは、フロント周りにいるスタッフに手渡しするか、エクスプレスチェックアウト用ボックスに入れるか、やり方はいろいろありますが、それもチェックインの時に聞いておけばいいだけです。

請求書は、ホテルアプリや、登録したメールアドレス宛に送られてきて、ちゃんとチェックは出来ます。

カードを使うことに抵抗がある方や、そもそもホテルを信用できない、という方はやめておいた方がいいかもしれませんが、私は今までトラブルに見舞われた事がないため、このエクスプレスチェックアウトを使うことが多いです。

特に、通常のお客様がチェックアウトする正午とぶつかってしまう時などに便利ですよ。

かと言って、チェックアウト時間を過ぎても部屋に居座るなど、ルール違反をしてしまうと、それ以降の信用がなくなるので注意です。

今まで、イライラしながらフロントの列に並んでいた方、お試しください。

あ、そういえば、海外でエクスプレスチェックアウトを使った事はありません。万が一何かあった時に、言葉の問題などで面倒なことになりそうだからです。国内だから安心して出来ます。

マリオットアプリ、格安プランの探し方 初心者向け

マリオットアプリを使い始めたばかりの方に、格安プランの探し方を教えちゃいます。 まず、予約画面に行き、行きたい場所と日程と人数を入れて、下記画面を出します。最低通常料金にして、ホテルを検索をクリック。 すると、その付近の […]

東京マリオットホテルの生ビール飲み放題プラン!

東京マリオットホテルにて、生ビールをお部屋で飲み放題出来ちゃうプランで泊まってきましたので、ご報告です。
*************************************************************************
9月某日、マリオットのアプリを見ていて、東京マリオットホテルの格安プランを発見。なんと、二人で18150円(税・サ込)。Last Summer Saleだったかな?
東京マリオットホテルは、コロナ禍でも通常通り(時短だけど)エグゼィティブラウンジを営業していると聞いていたので、それもあって、速攻で予約しました。来年頭でプラチナの資格も終了してしまうので、今のうちに楽しんでおこうという魂胆です。
まずは、マリオットアプリのチャットで「お部屋でお酒が飲めるかどうか」の確認。すると、「今、ビールをサーバーで入れてお部屋で飲んでいただくというのがあるんですが、どうですか?」と返事。いい、いい!ビール大好き!!
サーバーを置く階は決まっているので、その階に泊まらせてもらう事になりました。

「スナックセットもありますので、お部屋で食べていただく事もできます」とのこと。至れり尽くせりじゃないですかー。
こういうプランが、プラチナエリート以上だと別料金かからない!ありがたや、プラチナ。
生ビールのサーバーは、17時から20時まで廊下に置いてあるそうで、17時ちょうどに見に行ったら、あったあった!早速お部屋に備え付けてあったコップを持って、注ぎに行きました。

 

プレミアムモルツですね!注いだ直後は泡があって、とても美味しかったです!ハァ~、やっぱりビールは生に限る!としみじみ。
一杯飲んだ後、ラウンジに「スナックセット」なるものを取りに行きました。(スナックセットの配布は17時半からです)
待ってる間に、「お食べになってていいですよ~」とのお言葉をいただいたので、ついでにラウンジ飯をちょこっと。美味しい~~~!(^o^)お腹に貯まるものも多いので、十分夕食になりますよ。

で、そのラウンジ飯をチョイスして詰めてくれたのが、これ、スナックボックス。もうスナックどころか、立派なお弁当ですよね。(^-^)とはいえ、これだけだと夜中にお腹空いちゃいそうだから、ラウンジでつまんでおいて正解でした!
結局、私はビール4杯いただきましたよ。酔っ払いですw
翌日は早くチェックアウトしなければいけなかったので、レストランが開く時間に朝食に行きました。これまたプラチナ効果で料金に入ってます♪通常は3800円だったかな?平日は定食で、洋か和を選択できます。私は、洋定食にしました。
たまご料理とパンとドレッシング、コーヒー紅茶などが選べます。(朝からアイスコーヒー飲めます)

これの前に、コールドミート(ハムやチーズ)とサラダの二段重ねが来たので、かなりお腹いっぱいになりました!

たまご料理の代わりに、フレンチブリュレを。パンには生食パンを選びました。飲み物はアイスコーヒー。

真ん中下は、ビーフシチュー。真ん中はミネストローネです。お腹あたたまります。(*^^*)

右上のグリル野菜もなにげに美味しいです。右下はワッフルとフルーツ。

今回私は頼みませんでしたが、和定食も絶品だそうです!次回は和定食にしよ。

 

というわけで、二日酔いにもならず、無事に帰宅しました。

 

ちなみに、この「生ビール飲み放題プラン」ですが、プラチナとかじゃなくても、一休経由で2021/9/30まで泊まれます。エグゼクティブフロアではない通常のフロアにも、ビールサーバーは置かれるようで。公式よりちょっとだけ高いですが(確か一泊24000円台くらい)、スナックボックスも届けてもらえるようです。

あとちょっとしかないですが、興味ある方はぜひ・・・。

あ、プラチナ以上の方も、事前に確認は取ってくださいね~。でないと、スナックボックスチケットもらえませんので。。。(チェックインの時にいただけます)

マイルでいただくガストロノミー・ジョエル・ロブション

以前、ブログで予告しておりました通り、ANAの6万マイルを使って、あの名店「ガストロノミー・ジョエル・ロブション」に行ってまいりました!母の誕生日に予約が取れまして。

ANAマイルでジョエル・ロブション を予約しました←過去記事です、ご参照ください。

 

ウェスティンホテル東京のスタッフさんに誘われ、可愛い裏口からお城の中に入りました。

予約は16時からだったのですが、15時40分くらいに着いてしまい・・・。(笑)一番乗りでした。

テーブルクロスはゴールドのリボンで結ばれ、他のレストランの倍くらいに分厚く立派なものです。

緊急事態宣言下で、お酒が出ませんので、ノンアルコールのもののメニューを渡されます。

「ジュースのようなものはありますか?」と聞いたら、アラン・ミリアのシャルドネがあったので(これ、ACキッチンでも飲んだなぁ)、母にはこれを頼んであげました。

<PR>アラン・ミリアのシャルドネ<PR>

 

私は、宮崎県産マンゴーのジュースを。(よく見ていなかったけど、母のより400円高かったw)

レモンを絞って飲むとサッパリして美味しいですよ、とのこと。やってみたら本当に美味しかったデス。

宮崎県産だけあって、そのままだとめちゃ甘なんですよね。美味しいけど。

今回のANAマイルコースのメニューはこちらです、と持ってこられた紙。ワクワクです。

二番目のお皿に「キャビア」って書いてある~♪

一つ目のお皿、アミューズは、

とろけるキノアをとじ込めてフライに スモーキーなピキオスのソースをのせて」。

う~ん、キノアは聞いた事あるけど、ピキオスってなんだろ?この時はまだ緊張していて、そんな質問も出来ずにいました。

一口でパクっと食べてみましたが、「???」な感じです。(^^;;;

そして、やってきたのが、パンのワゴン

右上のミニバゲットと田舎風パンは、こちらの自慢の逸品で、必ず食べていただくものです、とおっしゃっていました。

下に並んでいるパン達は好きなものが選べて、あとから温めて持ってきてくださいます。

自慢の二種類のパン。と、オリーブオイル。

上のワゴン左側にある無塩バターも、お皿に取ってくれます。

このバターが生クリームみたいに美味しくて。バゲットにのせてパクパクいただきました。

そして、冷前菜、

インゲン ミモザ風サラダに仕立て、キャビアと共に」。

キターーーーー、キャビア!ガストロノミー・ジョエル・ロブションと言えばキャビア

ま、スペシャリテのアレよりは全然少ないですけどね。(^o^;;;

インゲンもキャビアもさすがに美味しいのですが、母が不思議な顔をしてて。

キャビアって、もっと大きいと思ってた。イクラくらいあると思ってた。」と。

キャビアはこの小ささだから美味しいのに。(笑)

 

次の温前菜は、

茄子 様々な調理法で仕上げ 色とりどりな野菜のクーリと共に」。

なんだか遊園地みたいな楽しいのが来ました♪

支配人は「一応言っておきますが、手前の茄子と真ん中のスパイスは、飾りですw」と説明。

食べちゃう人居るんでしょうねぇ~。

というか、私たちがまさに「食べちゃう人」に見えたのでしょう。

この茄子、ただの茄子に見えますが、本当に美味しく、楽しんで食べることが出来ました!

茹でてあったり、焼いてあったり、ペーストになってたり。どれも美味しいです。

 

さて、お魚です。

新鮮な海の幸の現代的ブイヤベース」ときました。

入っているお魚、全部説明を受けたのですが、ほとんど覚えられず・・・。

ソースは、食べる直前に、目の前でかけてくださいました。

お料理の最後は、お肉。

イベリコ豚 ”プルマ” を黒こしょうと共にキャラメリゼ ポレンタとアンディーブのサラダ」です。

これがもう絶品でしたー!イベリコ豚ってこんなに美味しかったっけ?って感じで。

下手な和牛とかよりも美味しい。

右上に見えているのは、ロブション自慢のマッシュポテトだそうで。

これをつけてお肉を食べると、もう涙出るくらい美味しい。溜息です。

お肉を食べ終ったら、アレ? 言ってないはずなのに、お誕生日記念のデセールが!

支配人曰く「さきほどちょっと聞こえちゃったので、ご用意しました♪」とのこと。

多分、ジュースを乾杯した時に「お誕生日おめでとう~!」と言ったのが聞こえたのでしょう。

(あるいはウェスティンのスタッフからの伝言かも)

なんにしろ、気が利いてます。

さすがにこの大きさのチョコレートは食べきれないので、あとで包んでもらいました。

で、その後、本当のデセール。

ココナッツのイメージで 宮崎県産マンゴーとエキゾチックフルーツのジュレを合わせて」です。

上にかかっているココナッツのエスプーマが滑らかで素晴らしいお味。

周りを飾るフルーツも、マンゴーも、甘くて美味です。

あれだけお料理やパンを食べたのに、まだイケちゃう恐ろしさよ。

またやってきた支配人「ワゴンもありますよ~~~」。

見てください、これら全部実質食べ放題なんです。

さすがにあれだけ食べた後なので、残すわけにもいかず、私は少なめに取ってもらいましたが。

(母はそこんとこ考えず、わんさか取ってもらってました)

私が選んだのは、「オペラ」「グレープフルーツのタルト」「パイナップルのシャーベット」です。

どれも素晴らしいお味で、またペロっといけちゃいました。

もっと取るんだった~と後悔しましたが、これで正解だったとあとでわかります。

ジャ~~~ン。ミニャルディーズ(小菓子)のワゴンが・・・。(^^;;;

もう苦笑いするしかないでしょう。

私、デセールのワゴンは一種類だと思っていたんです。

これまた、遠慮気味なチョイスです。

小さいけど、どれも個性的で美味しい。大好物のカヌレもあったし。

一つ後悔したのは、デセールワゴンが来る前に「チーズいかがですか?ワゴンでありますが」と言われたのをお断りしてしまったこと。

母がチーズダメなのを知っていたので、私だけ食べるのもなんだな、と断ったのですが、

これだけ美味しいものが揃うお店のチーズって、どれだけ美味しいんだろう、と、後から思ってしまった。

一人5,000円くらい別途取られるとは思うけど、私だけでもいただけば良かったなぁと思います。

もう、ここに来れる事はないと思うし・・・。

 

というわけで、最後にお会計。

母のアランミリアが1,600円、私のマンゴージュースが2,000円、お水1リットルが1,800円、

サービス料込みで、6,000円ちょっとでした。

ワインとか頼まずに済んだので、これでもかなりお得に食べられたかな~と思います。

 

とにかく、こちらが緊張しているのを察して、楽しい話で盛り上げてくれた支配人さんには、感謝しかないです。

他のお客さんはかなり声をひそめて話しているのに、

それをかき消すかのような声で笑い話をしているテーブルでしたw

私たちに合わせてくれたんですね、きっと。(^-^)

 

行く前は「これに6万マイルかぁ・・・」と、ちょっともったいない感があったのですが、

行った後は「使っちゃって正解だった!」と思えます。

迷っている皆さん、背中押しますので、ぜひ行ってみてくださいね、

ガストロノミー・ジョエル・ロブション。

 

ガストロノミー・ジョエル・ロブション 公式サイト

 

関連記事

クラブミシュランゴールドに、3度目の入会をする

ウェスティンホテル東京でデラックススイートに泊まる

毎年恒例の、ウェスティンホテル東京でのお泊り、今年も行ってきました。

いつもと違うのは、母の誕生日に行ってきたという事です。

特別な日なので、事前にスタッフさんに連絡を取り、レストランから帰ってくる頃、アルコールを持ってきてくださいな、乾杯したいので、と伝えておきました。

ラウンジではアルコールが飲めませんが、お部屋にお持ちすることは可能です!との事。嬉しいですね。

 

ところがです。お部屋の準備が整いましたとの連絡は来てるのに、部屋番号などの情報が来ない。

モバイルキーを使うのは諦め、フロントに行きました。

すると、「今回お誕生日と伺っており、こちらから提案がございまして」と。

え?まさか。もしかして。え? 期待に胸膨らませる私w

「せっかくなので、デラックススイートのお部屋をご用意させていただきたく。東京タワービューです」

わ!来た!

「しかし、12時までというお約束でしたら・・・。残りのお時間は別のお部屋をご用意しました」

え!二部屋も使っていいんですか!?もちろんもちろん、それで構いません!

という事で、母の承諾も得ず、デラックススイートを途中まで使うことを選択しました。

だからモバイルキーが使えない状態だったのね~、と、納得。。。

椅子に座って待っていた母も、それを聞いて大喜び。

 

お部屋は、入るとリビングルームがありまして・・・。

ソファーの座り心地がめちゃくちゃ良かったです。

フワ~っと沈み込む感じ。

右側の大きな扉を開けると、ベッドルームがあります。

ダブルが2台です。

私はテンピュール枕が好きで、いつも置いてもらっているのですが、今回は直前まで部屋が決まっていなかったため、スタッフさんが持ってきてくれました。

すみません、窓からの景色を撮影するの忘れました。ここからばっちり東京タワーが望めます。

お部屋の広さを堪能していたら、15時前になったので、16時から予約してあるレストランの前に、クラブラウンジ寄っていこうか、という話になりました。

ラウンジは、若い女性グループが何組かいるような状況で、そんなに混雑はしていませんでした。

ソフトドリンクはセルフサービスかな?と思っていましたが、係の方が「なんにします?」と聞きに来てくださり・・・。グァバジュースとオレンジジュースをいただきました。

その時に、ラウンジの責任者の方がわざわざ名刺をお持ちになってご挨拶してくださり・・・。なんと、レストランまで連れて行ってくださいました

場所はもちろんわかっていたのですが、出来るだけ階段を使わずに行ける方法が知りたくて、お聞きしたら、「お連れいたします!」と・・・。優しい・・・。

レビューにはしっかり「素晴らしい対応だった」と書いておこう。

レストラン「ガストロノミー・ジョエル・ロブション」は、ホテルの目の前の横断歩道を渡った所に可愛らしい裏口があり、そこからすんなり入れました。

 

そうそう、その責任者の方が、「アルコール類をお部屋にお届けします」と言ってくださり・・・。

別ルートでビールを頼んであるからいいですよ、と言ったのですが、私からもお贈りしたいのです、と。

で、レストランから帰ってきて届いたのが、こちら。

オーストラリア産のスパークリングで、味は辛口、なかなか美味しかったです。

ビール(サッポロの小瓶)も飲んだのですが、こちらも翌朝までに飲み切っちゃいました!

そして、カクテルタイムのプレートまで届けてくださった・・・。

龍天門や、ビクターズなどの味が少しずつ楽しめます。

レストランから帰ったのが19時頃だったので、こちらも夜中に食べました。(^-^)

こちらは、右側が昼間にラウンジで出してくださったパン。

と、左側がミックスナッツになります。

本当に至れり尽くせりです。お腹いっぱいすぎです。(笑)

 

翌朝の朝食会場は、1階の「ザ・テラス」でした。

写真は、一人に一つずつ配ってくれた、エッグスフレ。

私がオムレツを取りに行っていた間に来たので、被ってしまいましたw

ふわふわ~で美味しかったですよ。

そしてそして、パンコーナーで見かけた「マリトッツォ」!

パンも美味しいし、生クリームも甘すぎず美味しいので、二個もいただいちゃいました。

現在、ザ・テラスでは、中に居る調理人さんに声をかけて、料理を取ってもらう方式になっています。

お皿類も自分では取れず、調理人さんが取ってくれます。

なんて楽なビュッフェなんだ~

ちなみに、案外和食類が揃っていて、お年寄りの母は喜んでおりました。

ソフトドリンクなども、オーダーすると持ってきてくださるので、ホント楽でした。

 

12時になったら、電話が入りまして、

「ご準備整いましたでしょうか?係りの者が伺います」とのこと。

15分くらいで、荷物係の方が来てくださり、お部屋を移動しました。

 

お昼はどうしようか・・・と悩みましたが、龍天門はお休みだし、それ以外はちょっとお高いし、

昨日、ロブションでいただいたパンを食べちゃおう!という事に。

でないと、賞味期限が切れちゃいますからね。

オレンジピールの味わいがある、美味しいパンでした!

 

その後、ボ~っと外を眺めたり、1時間くらいお昼寝したりして、あっという間に約束の15時。

楽しかった宿泊も終わってしまいましたが、スイートに泊まれたので、もう大満足

ただ単に、お客さんが少なかったから、という理由だと思いますけどね。

ウェスティンホテル東京さん、いろいろな計らい、ありがとうございました。

また絶対に行きます。

 

ウェスティンホテル東京 公式サイト

<PR>ウェスティンホテル東京のスイートルーム <PR>

 

ANAマイルでジョエル・ロブション を予約しました

ANAマイルでジョエル・ロブション (ガストロノミーの方)のディナーをペアで予約しました、という内容のブログです。 実際に行ってみたレビューはこちら→マイルでいただくガストロノミー・ジョエル・ロブション ******** […]