Takamiy a Paris 2015 3日目

待ちに待ったランチパーティーの日でした。

三つ星レストランで、と言う事なので、
皆さん、それなりのオシャレをして臨む感じです。
(記念撮影もありますしね!)
10時頃に集合し、バスに乗って、
30分くらいで目的のレストランに着きました。
そこは、ブーローニュの森の中にある白亜の城。。
そう、イメージは、メリーアンの世界でした!
中に入ると、クロークがコートを預かってくれ、
身軽になったところで、ウェルカムドリンクをいただきます。
何種類かありましたが、私は赤色のを選択。
多分、ブドウジュースです。
{C9BF8B05-4650-4C52-9319-F28AB9BD2375:01}

 

テーブルに着くと、お皿の上に柄物のナプキンが。
無地のナプキンと、二枚載せてあります。
てことは、これも「タカミーセレクト」?
{86F7952C-F989-436F-A96C-06442BE7D9A1:01}

 

メニューも置いてありました。
時間がそんなになさそうなので、
「簡単なコースじゃない?」と話していたのですが、
意外にも、本当のフルコースでした。
{CF5E2604-4C32-48E4-BBD6-A4F0AFF628EF:01}

 

すると、まだ何も始まっていないのに、
アミューズブーシュが配られ始め。。。
{5AF1E74C-4AC0-4C12-9363-F0E106ED0392:01}

 

えー、記念撮影やらないのー?とザワザワ。
その時、マネージャー棚瀬さんが出てきて、
挨拶して下さいました。
みんな、いよいよ始まったパーティに、拍手!拍手!
早速、グループごとに並ぶ事になりました。
私達は3組だったので、3番目のグループ。
1番目の方々がカーテンの向こう側に入ると、
なにやらどよめきが。。。
ご本人がいらっしゃったんだ!と、外にいるこっちもドキドキ。
そして、出てきた方々の中に、
腰砕け状態の方や、何やら涙目になっている方が!
「名刺くれるのー!」なんて言ってます。
ま、まさか、名刺手渡し?!
いよいよ私達の番で、入っていくと…。
すでにご本人がスタンバイしていらっしゃる!
ピンクと黒のスーツに身を包んだ高見沢さんは、
間近で見ても美しい。。。(@_@)
早速、私達は縦に並ばされ、
高見沢さんから一人一人、名刺をいただきました。
なんて言っていいんだかわからず、
「よ、よろしくお願いします!」と口走った私でした。
目もバッチリ合わせてくれます。
カッチカチになった所で記念撮影。
なんと、私は高見沢さんのお隣でした!!
緊張感ハンパない!
高見沢さんがこちらにやってきて、隣に座る。
その瞬間は、もう頭が放電していて、覚えてません。
カメラマンは女性の方。
撮影の間は、長く感じられました。。。
なにしろ、私、緊張で息が出来なかったのです。
レントゲン撮影か!
撮影が終わり、パーティ会場に戻ると、
涙目にはなりませんでしたが、指先が震えて。
ジュースをこぼしそうになりましたよ。
食事前に、また高見沢さんが壇上にご登場!
パリ旅行に対する想いや、
オススメ観光地に関するお話をされました。
1987年の夜ヒットの海外ロケ話なども。。
「あの頃はバブリーだったなあ!
  みんな、ファーストクラスでね。
  私だけ行った日が違うので、ビジネスでした」
なんて裏話も。
20分近く話されていたでしょうか。
じゃ、今日はここでおしまい、となって、
高見沢さんは、ご自身のテーブル(階上らしい)へ戻られました。
部屋が同じでは、食事どころじゃないですもんね。
その後は、前に書いた通りのお食事です。
14時過ぎにお開きとなり、
今度は、エッフェル塔、モンマルトルの丘、ルーブル美術館へと観光です。
靴を履き替えてる方も多かったご様子でした。
私は、現地のお友達との約束があったので、
ルーブル美術館に入る前に離団したのですが、
他の皆さんはルーブルを堪能されたようです。
あ、思い出しましたが、高見沢さんは一日早く着き、
モンマルトルの丘で、絵を買われたそうですよ。(*^^*)
どんな絵だったんでしょうね!

 

コメントを残す