番外編 エルメス本店

Takamiy a Paris 2015、四日目。

この日は、友人が仕事で出かけてしまうため、
(プライベート旅行でまで仕事する友人偉い)
夕方まで、私一人で行動する日でした。
一人で行動、となったら、行く場所はひとつ。
エルメスパリ本店です。
現状がどうなっているのか、知りたいので。。
開店10分後くらいには到着。
まずは、ウインドウディスプレイを撮影。
{6425194E-3EB6-4E69-B4CC-571A5922DC99:01}

 

{57258BB6-468B-43A4-92D7-C57E945A7B29:01}

 

{884120D1-E7E7-46D2-BDCB-A33F2FAD03ED:01}

 

{89955B6E-59CC-4B0F-AEEB-F6C552D6D6A6:01}

 

{AC3EED4F-534E-43C2-9EFD-9671491CF120:01}

その後、恐る恐る入店すると、

入り口のセキュリティ係に止められ、
「バッグの中を拝見します」と言われました。
初めてです。テロの影響でしょうね。
店内は相変わらずお客さんがたくさんいますが、
驚いた事に、アジア系の方が少ない。
あんなにたくさんいた中国人の方はどこへ?
棚に飾ってあるバッグを見ていたら、
「お手伝いしましょうか?」と声がかかった。
「え!バッグ売り場で声かかるなんて、何年ぶりだろう?」と驚き。
まず「ピコタンあります?PMサイズ」と聞いてみる。
すると、驚いた事に、パソコンで在庫チェックしてくれた。
「すみません、あるのは31cmの方で、ブルーです。いかがです?」と。。。
大きいのでブルーか…いいや。と思い、
「じゃ、ケリーは?ケリーならある?」と、
一か八かで聞くと、
「では、ご希望のサイズと色を。あと、名前も」
「25か28で、黒か茶系、名前は…」と答えます。
「見てきます!」と店員さん。
初見の店員さんでここまでしてくれるのは珍しい。
これは、私の身なり云々ではなくて、
本当にお客さんが減っている様子だった。
帰ってきた店員さんは、首を横に振った。
残念、欲しいケリーは無かった。
ここで「じゃあ、諦める」と言ってしまった私でしたが、
今思えば、「じゃあ、何色ならあります?」とか、
「バーキンは?」とか、聞くべきだった。orz
多分、責めていけば、何か買えたはず。
安めのバッグを買い、お名刺をいただいて、
次に繋げるという手もあったのに。
そこまで頭が回らず。でした。
スカーフ売り場は相変わらず地元の方で盛況。
でも、皆さんなんでもいいわけではなく、
吟味されているご様子なので、在庫はかなりある。
私が探していたメゾン・ド・カレという柄も、
白、ベージュ、ピンク、水色、ブルー、パープル、オレンジ、グリーンと、各色揃っていた。
私も吟味した結果、やはり好きなブルーに決定。
ついでにシルクバンダナも購入。
2つで490ユーロは決して安くはない。(>_<)
日本で買うよりちょびっと安い程度。
お得感がないよう~。
他の売り場は、頼まれていた手帳売り場に寄ってみただけで、
流し見した程度でした。
でないと、どんどん声がかかってしまい、
調子に乗って何を買うかわからないから。(笑)
スカーフを梱包してもらった私は、
持ってきたエコバッグ(最初の日にいただいたトート)に、
詰め込んでもらいました。
店員さんも「それがいいですよ」と。
エルメスの紙袋持って外を歩くの、危険ですからね。
店を出たら、あっと言う間にお昼だったので、
大好きな中華料理屋(正しくはベトナム風中華料理屋)に、入りました。
{B48F26E8-A19E-4F64-8D15-2413022E7AB4:01}

まずは、海老入りの辛味スープ。

{D6053B 5E-404C-438E-9472-6DB6BFA217BC:01}

大きな海老がゴロゴロ入ってて、美味しい!

その後は、メインの鶏肉入りチャーハン。
{C39129FC-6A7D-4191-8A3D-CDF3D21ABDA0:01}

お腹いっぱいだけど、なんか甘いもの食べたい。

けど、アイスクリームや重いデザートは要らない。
そんな時は、マンゴー!(^○^)
{B80D5F3C-BF2B-477B-A96C-5F08C2F93C48:01}

 

丸ごと切ってくれます。
甘くて柔らかく、絶品です!
これと、炭酸水ハーフボトルも頼んで、
しめて、27.1ユーロ。
日本円で、約3700円でした。
パリでは普通の値段ですが、
日本に比べると、倍くらいの物価ですよね。。
これだから、長居しづらいパリ。(>_<)
その後は、フォションでお土産類を買い、
トートバッグがパンパンに膨れてしまったので、
近くのカフェでエスプレッソだけ飲んで、
そのままホテルに戻りました。
さあ、この後はドキドキのディナーパーティー。
準備にとりかかります!

 

コメントを残す