ロイヤルオーキッドシェラトン 広いクラブラウンジと豪華専用ボート!

なんかここのところスムーズに更新しております。Wordpressアプリがなかなか使えるヤツで。ダメな部分もあるんですけど、まあそれはPC使って翌日に手直しする事でなんとかしてます。

無駄な話はさておき、続き。

バンコクにやってきて最初の朝。「アー!私はまさに今バンコクに来とるんじゃ〜!私は自由ーー!!」とばかりに思いきり伸びをして、深呼吸して、さっさと支度して朝食会場のクラブラウンジに向かいます。

入ると、小さなデスクが目の前にあり、その後ろ側が180度全部、ラウンジになってる作り。クラブラウンジとしてはかなり広い上、椅子やテーブルの配置もゆったりしてるので、混み合うことが無いんじゃないかな?と思うほど。窓も広いから明るいのもいい。カクテルタイムに間に合わなかったのは悔やまれるなあ。( ; ; )



スタッフさんに連れられ、フードカウンター近くの席へ。ワクワクしながら見に行きました。どんなラインナップかな。

一番手前は、小さなパンとマフィンなど。かわいいし美味しそうー。

チーズ。真ん中のを少しいただきました。両脇のは苦手。(^_^;)

案内には、冷たいおかずしかないように書かれてたけど、温かいのもあります。右側のは卵とチーズが入ったキッシュみたいなもの。丸いけど。

お粥もあったのよ。で、上はお粥に入れるための具材と調味料たち。

右下の唐辛子オイルをうっかり入れてしまい、なんか無茶苦茶辛いお粥になってしまった。(><) ヒー!

シェラトン系ホテルには、なぜかアーモンドと粉砂糖がまぶしてあるクロワッサンがある気がする。。美味しいけども。

奥のものは、調理済みサラダみたいなものたち。左上のビーツ(赤カブ)の酢漬けは美味しい。(^。^)

グリーンとオレンジのヘルシードリンクは、ジンジャーとか入っててスパイシーだけど、いかにもバンコクという感じ。(^_^)

フレッシュフルーツ。日本じゃあまり量を食べられないパパイヤ、好きなのでついたくさん取っちゃう♪今回の旅では、終わりの方に食の大イベントを持ってきたため、ココでは少なめに食べて、退散。食べ終わってから、ラウンジの写真を撮りましたので、載せときますよ。とにかく、こんな感じで明るいラウンジなんです。バーカウンターがありました。夜はこちらにバーテンさんが居るのかな?ラウンジで流れる番組と言えばコレ。奥に、ビジネスセンターもありますよ。プリンタも使える。隅っこに秘密会議出来そうな、隔離された応接セット発見。( ^ω^ )いやー、こんだけ明るくて居心地良さそうなラウンジなのに、朝食でしかお世話にならなかったの、かなりもったいないわあ。次回は絶対に連泊したいところ。朝食後、ダラダラ過ごしてからお昼にチェックアウトを済ませて、ロビーフロアへ。

こんな、いかにもタイ〜!っていう巨大なオブジェがあったりするあたりが、さすが老舗ホテル。悪く言ってしまえば古臭いが、良く言えば伝統的な感じで安心感ある。フロントは、まあまあの広さ。案内係のおじさんが常に気遣って声かけしてるため、列は整然としていてイライラしないで済みます。前のブログに書きましたが、SPGプラチナ会員は、並ぶ前に自己申告しましょうね。27階に連れて行ってもらえます。エレベーターの横から、川沿いの裏口に出ますと、レストランのテラス席があります。営業時間外は座れます。あ、アレアレ。シェラトン専用ボートです。ココと、サトーン船着場とを結んでいて、無料。30分おきに出発します。今回はこれに乗って船着場からBST(スカイトレイン)に乗り換え、次のホテルへ向かいます。12時30分発ですが、12時15分には着いて、乗れました。ウヒョー。なんと革張りの椅子。ゴージャスですね。今回は船着場行きだから放置ですが、ホテルに向かう逆の便だと、冷たいお水やおしぼりが出るとか!ゴイスー。出発するまでは、川を行き交う様々な船を思わずジーっと見ちゃいます。小さい船も大きい船も。よくぶつからないですよね。船着場に到着ーー。だいたい、20分くらいでしょうかね。この船着場は、中心になる大きな船着場ですので、ここを拠点にいろんなところへ行けますよ。てことは、ロイヤルオーキッドに連泊したら、船でいろいろ周遊する事が可能って事です。( ^ω^ ) 次回は絶対連泊して、今度こそアジアティークに行くぜ!ではでは、今日もこの辺で。明日は二泊目のホテルでの話です。

 

宿泊価格とクチコミを調べる↓

ロイヤル・オーキッド・シェラトン



コメントを残す