マイユクール祥月 滞在記 お部屋紹介など

マイユクール祥月

マイユクール祥月 さんに滞在してきましたので、ご紹介します。

7月は母親の誕生月だったため 、三ヶ所のホテルに泊まりました 。(^◇^;) 「パークハイアット東京」「ウェスティンホテル東京」 そして、最後が こちら、箱根湯本にある、 マイユクール祥月 さんです 。

楽天ポイントがいくらかたまってまして 「温泉に行きたい 。箱根 あたりの 」という母のリクエストから 、安めの宿を探してみたら 、こちらが「 直前割引 」 というのをやってまして。通常より1万円も安かったのと  口コミが非常に良かったので決めました 。

お部屋は最上階にある展望ジャグジー風呂付スーペリアツイン 。 なかなか良さそうです。

箱根湯本まではロマンスカーで一本 。 着いたらお昼食べたりお土産屋さんに寄ったりして時間を潰し 、1時45分発の温泉宿循環バスに乗りました 。 一人100円です 。マイユクールさんは駅から徒歩15分弱みたいでしたが 、なにしろ暑いのと 、足腰の悪い母が一緒だったので 、 迷わずバスにしました。

マイユクールさん に行くバスは 、Bコース 。ホテルの名前がバスに書いてありますから大丈夫ですよ 。

着くと 、坂道を下って1分 。 茶色の建物が右下に見えてきます 。

奥まで行って右に行くとフロント入り口 です 。

チェックイン1時間前 でしたが 、 早く着く旨電話しておいたからか 、 温かく迎えてくださいました 。 部屋はまだ用意出来ていないとのことで 、 ロビーにて待ちます。

ロビーのソファー、可愛いです。 リンゴ酢ドリンクをいただきました 。

15分くらい経ったでしょうか 、 用意出来ましたとの事で 、 30分くらい早めにお部屋へ 。 ありがたいー 。

部屋番号は 603 。 確かに最上階 です 。 他にも6階の宿泊者は居たはずですが 、 部屋数が少ないせいか 、まったく顔を合わせる事なく 、 しかも静かでした 。

お部屋に入ると眩しい真夏の緑がパッと目に入ってきます 。

そして 、 お部屋は かなり ゆったりした 作り ! 47平米 だそうです 。 天井も かなり 高いので 、 すごく 広々と しています 。

ベッド は 、 セミダブル サイズ のものが 二つでした 。 シモンズ社製 のものです 。

左側の 扉が 入り口 。 右側の 扉が おトイレ です 。 独立した トイレは 嬉しいですね

右側に 見える 場所には 、 グラス 、 お茶類 、 冷蔵庫 などが 入っています。

テレビ は 、 プチホテル にしては 立派な 大きさ !

そして 、 なんとも クラシカルで かわいい ソファー ! これは 女性の心 を くすぐる インテリア 。

さきほど 、 天井が 高いと 書きましたが 、 こんな感じです 。

ベッド横 の クローゼット 。 バスローブは 伸縮性 のある 素材で なかなか 着心地が 良いです 。

独立している トイレ は 、 ウォシュレット 付き 。 消臭スプレー や ナプキン まで 備え付けてあります

トイレ内の 鏡は 太陽型 。(^^)



シンクの ところには 、 アメニティが 二人分 置いてあります 。 細かい 内容 撮り忘れ 。(^^;;;

いよいよ 、 展望ジャグジー へ~!

手前に 洗い場が あります 。 アメニティは POLA でした 。 ウッディな 香りで 好みです 。

じゃ~ん! ここが 期待していた 展望ジャグジー 風呂 。 確かに とても 気持ちの良い 空間 。 清潔だし 。

ぎりぎり 、 二人は 入れる 大きさです 。

冷蔵庫内に ウェルカム 水菓子 が 入っていました !

飲み物 などは 一切 入っていなくて 、 各階にある 自動販売機 で 調達する 仕組み です 。

テーブルの 上には こちらも 。 夜に デザートが たっぷり 出ると 聞いてますが 、 おやつに こんなに 食べちゃって いいのだろうか ?(^^;;;

以上 、 603号室 の ご紹介でした !

次回は 、 期待大の ディナーを 紹介いたします。

マイユクール祥月 ディナー編 デザートがすごい!

 

マイユクール祥月 公式

One Reply to “マイユクール祥月 滞在記 お部屋紹介など”

コメントを残す