コンラッド東京のコーナースイートベイビュー、お部屋紹介

ええ、そうなんです。マリオットチタンから、ヒルトンダイヤモンドにステータスマッチしたんです。

「日本語じゃ読めませんよ、英語のページをスクショしてください」とか「フルネームと会員資格が一緒に出ている書類じゃないと」とかいろいろ言われまして、何回かメールのやりとりをした結果、無事ダイヤになれました。(^^;;;

一番役に立ったのは、予約したホテルから英字で送られてきたメールに付いていたアカウント情報でした。それ以外、フルネームと「titanium」が一緒に出ている画面や書類がなくて。48時間以内に要返信と言われて焦りましたが、見つかって良かった。(^^;;; あとは、泊まったばかりのウェスティン東京のレシートを写メして送信いたしました。

で、そのステータスマッチが無事成功した時、まさにヒルトンアジア圏(の一部)が半額セールだったわけですよ。日本はもちろん入っていたので、憧れの「コンラッド東京」を予約!キャンセル不可でしたが、本当に安い’(といってもまあいいお値段)ので、「この機会を逃すまじ」と思い切りましたです。

コンラッド東京は、新橋からも行けるようですが、最寄り駅は「汐留」です。9番出口を出ると目の前にド~ンと建ってます。入るとベルカウンターがありましたので、昼食が終わるまで荷物を預かってもらうことにしました。

昼食は28階のチャイナブルー。詳しくは下記をお読み下さいませ。最高でした

チャイナブルー@コンラッド東京でコスパ良しの贅沢ランチ

昼食をいただいたあとは、ダイヤモンド特権でエグゼクティブラウンジへ。37階です。

名前を言うと、窓際の席に案内してもらい、ウェルカムドリンクをいただきましたが、このドリンク、形も味も、なんかちょっと変な感じでした。(^^;;;

お茶をベースにしたドリンクです、とのことなんですが、日本人の私達にしてみたら「お茶でいいよ」という感じです。いやホント。あとで感じたのですが、外国人のお客様がほとんどなので、彼らの口に合うように作られているのだと思います。

ちょっと早く着いてしまったのもあって、チェックイン前に御菓子をいただきました♪

チョコ、ナッツ、クッキー。お上品に一つずつ取ってきた、というより、中華ランチでお腹がいっぱいになっていたのでしたw

ヒルトンには、会員専用アプリから事前チェックイン出来るという仕組みがありまして、前日に「キングベイビュースイートはいかがですか?」とアプリ上でアサインされたので、一番お安いお部屋で予約してた私達は「わぁそれいい、それいい!アップグレードありがたい!」と飛びついたのです。

しかし、実はそのまた上があり・・・。「ちょっとご提案があるのですが、コーナースイートはいかがでしょうか?もちろん同じベイビューでございます」と。「その代わり、プラス5000円(税サ別)となりますが・・・」とおっしゃるので、「5000円ならその方がいいよね?」と即交渉成立です。

このホテル、通常のスイートの場合はベッドルームとリビングルームが壁で部分的に仕切られている作りで、ジュニアスイートに近いようなんですが、コーナースイートは、ちゃんと一室一室が区切られています。そして、10平米ほど広い。ありがとうございます!

初めてのホテルで勝手がわからないので、部屋まで連れて行っていただくことに。

ドアを開けると、広いリビングルームがあります。

ソファーセットと、奥には食事を取ることが出来るダイニングテーブル。

ビジネスデスクのチェアーがまたしっかりしてます。(使いませんでしたが)

ソファーセットのテーブルには、ウェスカムスイーツの和菓子と飴。これは外国人客が喜びますよね。(^-^)

窓の外はこんな感じで、浜離宮が一望できます。ちょっと横を向くとベイブリッジも。夜景が愉しみ。

ベッドルームにはキングベッドです。真ん中に見えるのは・・・。

小さなコンラッドベアと、コンラッドダックでした!ターンダウン後に置かれると聞いていたけど、今は最初から置いてあるんですね~!

なぜかブルーっぽくなってしまいましたが、バスルームです。

バスタブはかなり大きめ!手前のスペースでシャワーを浴びれるようになっていて便利ですよ。

右側が洗面台になっているのですが、後ろが全面窓になってまして、こちらからも景色が一望できる仕組み。もちろん、シェイドで隠すことも可能です。

アメニティはかなり充実してました!後ろのみっつの箱にもアメニティが詰まっています。バスソルトなんかもありますね。(使うの忘れた)

この「マンダリンティー」っていう香りが最高に気持ちよくて。コンラッドのフロント階に入った時から香ってきますが、お風呂で使えるのは嬉しい限りです。

この時点でもう14時半くらいだったので、ちょっとゆっくりしたあと、すぐにアフタヌーンティー(15時~17時)に向かいました。

つづく

 

コメントを残す