シェラトン・グランデ・スクンビットの部屋紹介 ~バンコク旅行記 その4~

2017/12/31~2018/1/4、タイのバンコクに一人旅してきました!その時の旅の模様を、少しずつブログで紹介しています。今回は、二泊目以降の宿、シェラトン・グランデ・スクンビットのお部屋のレポートです。

========================================================

一泊目のホテルから二泊目のシェラトンへは、一駅分離れているだけなので、徒歩で行く事も出来たんですが、キャリーケースをひきずって暑い中1km以上も歩いて行くのはちょっとなぁ、と思い、ホテル前からタクシー乗っちゃいました。運ちゃんが「新年だから~」とメーター倒さないので、「倒して~」と頼むと渋々動かしましたが、よっぽど悔しかったのかムっとしてるので、さすがに降りるときはチップ多めに乗せました。(^^; 「新年だからね!」と。

ホテルに着いたらポーターさんに荷物預けて、入った所すぐにあるフロントへ。チェックインしたのは約束してあったとおり、ちょい早目の13時です。

しか~し、話が通じていなかったのか、他に何か理由があるのか、「お部屋用意するのに時間かかるから、お茶でもお飲みになっていて下さい」と、一つ上の階の喫茶スペース「リビングルーム」に連れて行かれ、しょうがないか~とスイカジュースをいただくことに。



飲み終わったくらいに先ほどのスタッフが現れ、お部屋のキーをいただけました。31階の7号室。結構高層階です。

エレベーターフロアは、昨晩泊まったマリオットに比べると古風な感じ。これはこれで上品で落ち着きますね。

エレベーターホール

いかにもタイらしい荘厳なオブジェ。

オブジェ

お部屋はエレベーターを出て割とすぐの場所にあり、便利でした。入るとこんな感じ。

部屋の入り口

やはり少し広めです。

ベッド

部屋の内装も落ち着いていますね~。上品です。

テレビ

左側に、冷蔵庫が収納してある戸棚と、大型のテレビがあります。このテレビでは、各国の番組が見れるようになっていまして、日本のチャンネルも、NHK、日本テレビ、フジテレビなどが視聴可能。

デスク

すいません、デスクの上、散らかってますが。(^^; 広めのデスクなので、お仕事もガンガンできそう。



ソファー

大きなオットマンがついた、寝そべることも出来そうなソファー。

サイドテーブル

ベッドサイドのテーブル。ちなみに、電話は、ココとビジネスデスクと洗面所、3ヶ所についてました。

ウェルカムフルーツ

ウェルカムフルーツは、思っていた以上にさみしい・・・。南国らしさゼロ。(^^; コタツの上が似合う感じのラインナップ~w もちろん、お願いすればマンゴーなど持ってきていただけるらしいのですが、食事の時に食べられればいいやと思って頼みませんでした。

ミニバー

ミニバーの中。マリオットの方は、ラウンジで飲めるからなのか、ミニバーの中身がゼロで、しょうがなく真夜中にカクテル注文したりして、面倒でした。これだけ充実してると嬉しいですね。飲まなかったケドw



部屋の手前には、立派なウォークインクローゼットがあります。

クローゼット

すみません、こちらもすでに服やら荷物やら置いてますが。(^^;

水周りいきます。クローゼット部屋のすぐ右側がバスルームです。

バスルーム

エメラルドグリーンのタイルが個性的ですね!

バスタブ

シャワー付きのバスタブ。(^-^)水の勢いも良く、割とすぐにいっぱいになります。

シンク

シンクにはお花が活けてありました。こちらに無料のミネラルウォーターがあります。

シャワーブース

シャワーブース。シャワーはハンドタイプなので使いやすいです。ただ、ここのシャワー、扉を閉めてもお湯が外にハネてしまうようで、使ったあと床が濡れてしまいます。それだけ気になったかな。

トイレ

マリオットもそうですが、こちらも、ウォシュレットではありません。そのかわり、ミニシャワーみたいなのがついてました。使ってないケド。



窓からの景色も高層階だからとてもきれいです!

窓から1

窓から2

窓から3

下を見てみると、MRTの電車が通っていましたヨ。

MRTの電車

撮影大会した後は、楽しみにしていた隣の「ターミナル21」ビルに入っているフードコート、「ピア21」にランチに行く事にしました。(^^)

つづく

宿泊価格とクチコミを調べる↓

シェラトン・グランデ・スクンビット・ラグジュアリーコレクション




 

 

コメントを残す