銀座奥田でディナー 山菜尽くしで春の巻

お造り

今回ディナーをいただいたのは、銀座奥田さん

並木通り沿い、カリオカビルの地下一階に入っている、知る人ぞ知る和食店です。銀座小十というお店で有名な料理人、奥田透さんが監修されているミシュラン星付きのお店です。

18時に予約を取り、たっぷり時間をかけてディナーをいただくつもりで行きました。

カウンターに通されると、真ん中にスッと咲くお花が。

銀座奥田 ディナー 桃の花

「桃の花です」と説明されました。春ですね~~~。

ちょっと早く着いてしまったので、ビールを飲みながら店員さんと談笑。

 

スペシャリテの山菜

一品目に出てきたのは、奥田さんのスペシャリテだという、山菜と平貝の和え物。

山菜と平貝

器が、平貝の殻なんですって!大きい貝なんですね。初めていただく貝です。

山菜は、全部でなんと15種類も入っているそうで・・・。名前をいくつか聞きましたが、覚えきれないので省略させていただきます。(汗)

銀座奥田 ディナー 山菜アップ

山菜はそれぞれに仕事をしてあり、春の息吹を感じさせる苦みがたまりません。こういうものを「美味しいな」と思えるようになったとは、私も大人になったものです。

平貝は、ちょっと歯ごたえのある身で、山菜の個性を消すことがないシンプルなお味でした。

 

ハマグリの土瓶蒸し

次に出てきたのは、アツアツの土瓶蒸しです。

銀座奥田 ディナー 土瓶蒸し

木の芽にかけて、まずはスープを飲みます。程よい塩気と旨味があるんですが、「これ、塩とか使ってないんですよ。全部ハマグリから出たものです」と、料理長の宮原さん。え~~~!それはビックリ。絶対塩使ってると思ってた。

塩気と出汁が出たあとのハマグリの身は、箸で取り出していただきましたが、柔らかくて美味・・・。体が温まる一品でした。

 

お造り

そして、次はお造り。

銀座奥田 ディナー お造り

さよりの梅餡かけに、アオリイカに「このこ」をかけたもの、赤貝と生姜、そして、まぐろの藁焼きです。どれもひと手間かけた一品で、ただのお刺身じゃありません。そこが奥田さんのすごい所だなぁと思いました。

さよりは、お醤油でいただくとなんとなく味気ないのが常ですが、梅とはすごく相性がいいんですね!とても味わい深く感じました。

アオリイカは、包丁で仕事がしてあって、とても柔らかい!口に入れると溶けてしまいます。「このこ」という珍味も初めての経験です。

赤貝の歯ごたえも、いい感じ。生姜でさっぱりした仕上がりになっています。

まぐろは、藁の独特な香りを身にまとい、食べた事のない風味でした。

 

フグの白子とカラスミ

そして、次もまた食べた事のないもの。

銀座奥田 ディナー フグの白子

可愛い器に入っているのは、フグの白子にカラスミを乗せたお料理。桜エビも入っています。奥の方にはホワイトアスパラガス。

この白子がまったりとしてなんともいえないコク。これだけでも美味しいんですが、カラスミの風味でより充実したお味に仕上がっています。贅沢な逸品~!

 

甘鯛のウロコ揚げ

お魚の焼き物は、甘鯛のウロコ揚げ。ソースは「うすい豆」です。筍が添えてあります。

甘鯛

ウロコがサクサクっとしていて、歯触りが良い!ソースにも合います。これ、ウロコが大きすぎると出来ないんだそうで、甘鯛だとちょうどいいんだとか。

太田牛とふきのとう

そして、私が待ちに待ったお肉が!!!(^o^)

但馬牛

但馬の「太田牛」です。はっきりいって、日本ではトップクラスの牛ですよ。それに、ふきのとうの揚げ物を振りかけてあるんです。なんという凝ったお料理!牛のフィレの甘味に、ふきのとうの苦みが加わり、大人の焼き物に仕上がっています。牛は柔らかく、口に入れると溶けてしまうような感じですが、味わいはしっかりあります。う~ん、これも食べたことがない料理です!!

こういう、滅多に口に出来ない高級品がサラっと出てくるのも、銀座奥田のディナーならではです。

 

イイダコとあなごの湯葉巻

まだまだ出るんです、奥田さん。次は、イイダコ、わらび、あなごの湯葉巻です。

いいだことアナゴ

これにも山菜が使われていて、春を感じさせてくれます。上に乗っているのは、筍の穂先の部分。なんとも絶妙な組み合わせです。

 

茶巾寿司

最後のご飯ものは、茶巾寿司でした。左側は白魚、右にはいくらが乗っています。

茶巾寿司

茶巾寿司アップ

これがかなりボリューミーでして、(白魚も大き目)なかなかお腹にきました。(笑)

奥田さんでは「物足りない」という言葉は出てきません。最後までたっぷり食べられます。

 

デザート

デザート

デザートは、きなこといちごを巻いた焼き菓子と、よもぎのアイスクリーム、そして、とちおとめでした。この、よもぎアイスがなかなか渋くて美味しかったです。これまた、食べた事のない味でした。

 

日本酒「ZAKU」

友人が吞んでいた辛口のお酒も、載せておきますね。

ザク

ZAKUという名の日本酒。ちょっとだけ呑ませていただきましたが、非常に良い香りで、吞みやすく、美味しかったですよ。

ここでガンダムを思い出したあなたは、私と同世代ですね。笑

 

というわけで、山菜尽くし、春の香りを大人の苦みと共に味わった夜でした。銀座奥田のディナーを堪能した~!という感じです。奥田の皆さん、料理長の宮原さん、ありがとうございました!またいつか伺いますね。(^-^)

【関連記事】

銀座奥田さんで素晴らしい日本食をいただく

番外編 パリ奥田でランチ!

 

One Reply to “銀座奥田でディナー 山菜尽くしで春の巻”

  1. […] 銀座奥田でディナー 山菜尽くしで春の巻 […]

コメントを残す